不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

新小6。合不合判定テストの後、気持ちの方がついていけない私と山ちゃん塾長のブログ。

<合不合判定テストの後>

合不合判定テストの結果が出た後、娘の前ではつとめて明るく振舞っていた私だったが、

その実、大層落ち込んでいた。

落ち込む原因はH先生の一言で現実を知ったことと、算数の偏差値、そしてここ最近の娘の態度だ。

 

算数に関してはこの一年本当に苦労した。

食事も睡眠もろくに取らず、変装しながら職場に行って未習単元を勉強し

夜娘に教え、寝た後も深夜まで勉強した。

 

過去記事

www.mangetsu-mama.com

www.mangetsu-mama.com

 

更には、0歳4か月から復職した大好きな仕事を辞め伴走することにした。

 

YT週テストが始まってからは、毎週荒れたりキレたりする娘と精一杯向き合ってやってきた。

 

様々な苦労が報われて、ようやくトップクラスに上がれるほどの実力をつけたはずだった。

あれは幻だったのだろうか。

 

何だか私の方がここに来て元気が出ず、今までやってきたことに自信を失いかけていた。

 

ようやく落ち着いたが、最近の八つ当たりはひどかった。

それでも小6からは一切怒ることをやめ、怒られてもキレられても、一過性のことだ割り切って耐えてきた。

その疲れも出たのだろうか。

 

そんな折、愛読している山ちゃん塾長 (id:yamachanj)のブログを読んだ。

 

山ちゃん塾長は、家でお子さんに受験勉強を教えていらっしゃる。

尊敬する点は書ききれないが、一つ上げると、時折お子さんの友人にまで勉強を教えていらっしゃるのがすごい。

それぞれ違う塾で学力もテキストも異なるのに。

友人であるお子さん達は何て幸せなのだろう。

 

山ちゃん塾長は、長女さんの受験を終え、現在は弟のぽーやん君と受験勉強をしていらっしゃる。

この頃は、長女でいらっしゃる、とけちんのブログだった。

とけちんは、娘と同じ年だったこともあり、山ちゃん塾長のブログは私の心の支えだった。

 

その日読んだ記事がこれだった。

www.yamachanjj.com

 

私は涙を流さずにはいられなかった。

 

娘が不在だったこともあり、山ちゃん塾長のブログを読みながら

うぉんうぉんと、涙を流しながら読んだ。

  

塾で見かける親御さんからはいつも涼しい顔をしていてちっともわからない。

学校でお会いする親御さんもいつもにこやかだ。

 

ゆえに自分一人だけの様に感じ、どうしても焦ってしまう。

 

けれど、それぞれ皆悩みを抱えながら頑張っているじゃないか。

あの山ちゃん塾長だって、こんなに悩んで苦しんでいらっしゃるじゃないか。

 

三週間後には次の組分けテストがやってくる。

毎週の授業を大切にしていかなくてはいけない時だ。

折角、娘がやる気を出したのに、いつまでも何を私は思い悩んでいるのだ。

 

山ちゃん塾長のブログを読みながら大泣きした私は、ようやく理性を取り戻していったのだった。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ