不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6。YT週テスト第8回の試験範囲、理科「力学」。宿題の演習量に限界を感じる。

<理科の単元『力学』。宿題量に泣かされる>

理科の今週の単元は力学総合だった。

娘は自分では「てこ」が苦手だと言っていたが、全ての力学が苦手なわけではないし、

去年一年間、理科のK先生の補習していただいたおかげで

自分が思っているより力はついているのだ。

 

それでも担当がH先生となり、その宿題の多さに二人で翻弄されながら

やっとの思いで日々を過ごしていた。

 

ゴールデンウィークまであとわずかだ。

ゴールデンウィークに入れば学校が休みになるので体力的には楽になる。

そう思い何とかしのいできた。

 

先生はこのクラスを偏差値いくつで想定していらっしゃるのだろうか。

この宿題はこのクラスには難しすぎる気がしてならない。

 

そもそも娘は、小5、一番下の理社のクラスから現在のクラスに上がったばかりの時

宿題の量が娘には多すぎて行き詰ったので

理科のK先生にお願いして宿題量を調整してもらったのだ。

www.mangetsu-mama.com

 

宿題は減らしていただいたもののものの、YT週テストの復習に力を入れ、

分からない問題については理科のK先生に補習をしていただいていたこともあり

何度もクラスアップのお声がかかるほど、

そして4科目で一番理科の偏差値が高いことがあるほど理科の力はついていた。

解き直しと復習でここまで伸びたことになる。

 

しかし理科の担当の先生が代わったことで、

宿題を減らした状態だった溝が浮き上がった。

 

他のクラスメイトより宿題の量が少なかったこの1年、レべㇽの低い基本問題だけを解いていた。

そんな私と娘にとっては、洪水の様に宿題が押し寄せたことになる。

 

しかし、もしかすると他のクラスメイトは、量こそ増えたものの、

難易度については、抵抗はないかもしれない。


「いざとなったら宿題は残そう。体の方が大事だよ」と何度も娘に言ったが、

どうしても「頑張り屋の満月」のイメージのままでいたい娘は机から離れなかった。

 

確かに小5のH先生の時代は、宿題を3部コピーして、人の3倍勉強してきた。

そしてそれを先生に褒めていただいた経験や

 

なかなか芽が出ない状態から初めて大きく伸びた際

先生がとても喜んでくださった経験が娘の大きな自信となりエネルギーとなった。

 

H先生の娘への影響力は、算数のK先生と並び絶大だった。

娘がH先生を大好きなことはよく知っている。

 

しかし力学の演習問題を解きながら、私は限界を感じていた。

 

娘は宿題を残すことは嫌がるが、やっても消化できていない。 

やはり宿題量を減らしてもらうべきだ。

 

意を決し、私は早稲アカに電話を掛けた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ