不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【番外編】GW小話176_理系娘と参加したフラワーゼリー教室

<フラワーゼリーのワークショップ>

いかがお過ごしでしょうか。

先日は母の日のお料理につきまして、コメントをいただきまして本当にありがとうございました。

おかげ様で昨日、一足早い母の日をお祝いすることができました。 www.mangetsu-mama.com

ありちゃんのママ様のエディブルフラワーと

りんご (id:hanamaru_life)様のフラワーゼリーをが気になりました。

今日はフラワーゼリーの方を書こうと思います。

 

フラワーゼリーを調べたところ、透明のゼリーに花びらを作っていくお菓子なのですね。YouTube動画も見ましたが難しそうです。

 

海外の伝統料理ということですし、りんごさんの様に先生に習いたいなと思って探したところ、じゃらんの「遊び・体験」のタブから教室を見つけ早速申し込みました。

 

中学受験のデイユース(受験生の親御さん、もう押さえましたか?)から、

最近の娘とのワークショップや謎解きまで、じゃらんにはお世話になりっぱなし。

今回もじゃらんクーポンを使ったので、3000円から一人2300円になりました。

 

左上「じゃらん」ボタンを押すと「遊び・体験」のページが出てきます。

 

先生はネイリストであり、フラワーゼリーの講師でもあり、ソープカービングの講師でもあり、糸掛け曼荼羅の講師でもあり、

TV番組ヒルナンデスにも出られたご経験もおありだそうです。

 

お教室の詳細は一番下に乗せますね。

とても優しく丁寧で明るい素敵な先生でした。

 

フラワーゼリーはペルーの伝統料理で、結婚式などで出されるものなのだそうです。

 

ペルーでは大きなゼリーを作るので、道具も大きいのですが、

先生が加盟している連盟ではミニチュア版の道具を使って、

手のひらサイズの作る方法を教えてくださるとのこと。

 

先生のツールキットを見せていただきました。沢山種類がありますが、素人には全くイメージが湧きませんね。

f:id:fukutsuno_toushi:20210503125945j:plain

先生のツール。沢山の種類があるのですね。

透明な部分は「アガー」という豆でできた食材を使用しているそうです。

 

どうしてゼラチンではなくアガーを使用するのかというと、
・透明であること
・常温で固まること

がポイントとのこと。確かにアガーは室温で固まっています。

弾力があり、ちょっとやそっとでは傷がつかない不思議な食材です。

 

この常温で固まるアガーに、ツールで溝を作り、乳白色のゼラチンを溶かした液体を流し込みます。

 

アガーは常温で固まるけれど、ゼラチンは冷やさないと固まらないので、途中で固まらず、流し込むことができるわけですね。

仕組みを聞いて娘と二人で「おおー!」と声を上げます。

 

まずは色を決めます。

前日から「ママピンク取った!」と大人げなく宣言していた私。

娘は色が決められずに困っています。紫かな、どうしようかなと。

 

すると先生が

「2色使ったお花もできますよ」とのこと。

「それ可愛い!」と娘が目を輝かせ即決です。

 

次に中央をくり抜いて花芯を作ります。 

花芯は注射器に棒状のツールを付け、何本も挿す作業を繰り返します。

 

できあがった花芯はこのような感じです。すごい!この時点で芸術作品です。

f:id:fukutsuno_toushi:20210503130113j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210503130125j:plain
左、色を付ける前。右、花芯を横から見た先生の花芯

 

ここに花びらを作っていきます。

f:id:fukutsuno_toushi:20210503130525j:plain

花びらを作る様子

注射器の先に花びらのツールを付け、アガーに挿していきます。

溝を作り、注射器から色のついたゼラチンを出し、ツールを抜くと花びらが出来上がります。

 

先生はあっという間に2色の花びらを作って見せてくださいました。

さすがプロ!素敵です。

 

私は握力が10しかないので、注射器を押すのもなかなか大変。

更に慎重な性格なので、時間をかけてゆっくり一枚ずつ作りますが、

ちらっと娘を見るとハイスピードで作っています。

 

先生にも器用だと褒めていただいて嬉しそうですし、私も娘の新しい一面を見ました。

 

また、マンツーマンレッスンですので、途中から娘が多く質問していることも印象的でした。

積極的に大人に質問する娘も初めて見ましたので嬉しい限り。

随分成長を感じた、とても良い機会でした。

 

そしてできあがった作品がこちら。食べ物とは思えないほど、美しいですね!

f:id:fukutsuno_toushi:20210503130753j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210503130809j:plain
左の写真。上が先生、右下が私、左下が娘のゼリー。右の写真。横から見た様子

上から見ても、横から見ても綺麗です。母の喜ぶ顔が目に浮かびます。

 

帰宅後お皿に出した様子がこちら。母も大喜びでした。

中央で切ると、苦労した花芯が綺麗に現れました。

f:id:fukutsuno_toushi:20210503131028j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210503131047j:plain
左、お皿に出したゼリー。右、中央で切ったゼリー。花芯が綺麗です。

お味は水信玄餅の様な感じ。黒蜜をかけたら美味しそうです。

今回はデフォルトの味ですが、アレンジ次第で色々なお味になるそうです。

 

今回お世話になったお教室はこちらです。東京にお住まいの方、お勧めですよ。

本当に優しく丁寧な先生ですし、大変勉強になる素敵な機会でした。

 

Brille Nailのレジャー・アクティビティ - じゃらん遊び体験 (jalan.net)

 

リスーピア素数ホッケーで熱くなる私達親子としては、

素数に糸をかける糸かけ曼荼羅も気になりました。いつか挑戦してみたいと思います。

先生、この度は本当にありがとうございました。

 

それでは今日も素敵な一日をお過ごしくださいませ。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ