不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、5月。修学旅行後。YT週テストまで2日。全力で走れ!

<修学旅行後、怒涛のスケジュールをこなせ!>

修学旅行から帰宅後、私達は再び走り始めた。

 

というのも、翌日からバッチリ塾はあったし、塾の後には国語のI先生の補習があった。

いつも女子に人気で歩く時には、「先生、先生!」と言って取り囲まれているI先生だ。

 

しかし、娘に教え方はどう?合いそう?といくら聞いても、曖昧な返事しかしないことが心配だった。

どうか先生を取り囲む女子達同様、娘にも相性が良いことを願う。

 

金曜日はさすがに体力面を懸念してスイミングを休んだので、

その分、学校後はYT週テストや宿題に充てることができた。

翌日の土曜日はもう週テストがあるからだ。

 

週テストはテスト後に解説も受ける為17:30まで続く。

この週はそれで終われない。

週テスト後にK先生のレベルアップ補習という算数の補習が

19:50まであるのだ。

つまり、14時から20時までぎっしりスケジュールが組まれていた。

 

そして、翌日はまた朝から夕方までNN難プロがある。

担当していらっしゃるのは同じK先生なので

K先生も休みなく働いていらっしゃることになるが、

本当に小6受験生の日常は甘くないと痛感する。

続けてきたスイミングのお陰で体力があることで随分と救われた。


私も娘も淡々といつも通り進めた。 

この週のYT週テストの範囲は算数は、数と規則性(3)。

国語は引き続き説明文・論説文。

理科は水溶液。社会は政治・外交だった。

 

算数の規則性は、受験勉強を始めたばかりの頃、

いくら説明しても理解してもらえず苦労した一つだ。

 

しかし度々出題される為、その都度丁寧に解いてきたところ

娘も徐々に慣れて、スピーディにこなせるようになっていた。

こんな風にスムーズに解く日が来ることを初期の私に教えてあげたい。

苦労は何一つ無駄にならないと痛感する。

 

国語はI先生に補習をしていただき始めたところなので、読解はお任せして

三字熟語・四字熟語と漢字だけはしっかり学習した。

 

理科の水溶液については絶好調だった。

圧倒的にGWの理科実験教室の影響が大きい。

 

娘がこんなに集中することも、こんなに楽しそうに解くことも

なかなか見れないと思う程、娘は理科を嬉々として解いていた。

GWに理科実験教室に行かせて本当に良かったと思う。

 

www.mangetsu-mama.com

www.mangetsu-mama.com

理科実験教室に参加させたことは大正解だった。

やはりテキストの勉強では限界がある。

実際に触って実験をすることで、想像を掻き立てられ、やる気に直結したようだった。

 

帰宅早々、二人とも全力で走った。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ