不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、6月。第15回YT週テストの結果偏差値。とうとう理科の偏差値が70近くまで出る。

<第15回YT週テストBコース結果偏差値>

国語の範囲は「詩・短歌・俳句」。国語の高度なレベルの補習を受けているし
NNにも通っているので、この週に関しては塾任せだった。

 

社会は「国土と環境」。少しはテスト対策をしたかったが
私の体調的にそこまで及ばず、宿題をやっただけだった。


<YT週テスト第13回偏差値Bコース>
算数  80点/100点中 順位124/1898人中 偏差値63.55
国語  60点/100点中 順位1006/1898人中 偏差値49.72
理科     57点/70点中  順位53/1873人中  偏差値68.6
社会     38点/70点中  順位1299/1831人中 偏差値44.04
4科目  235点/340点中 順位213/1831人中 偏差値61.63

 

週テストを終えた後の娘が「社会は死んだ」と言っていたので覚悟はしていたが、

「国語は結構できたよ」と言っていた割りに偏差値は低かった。

「詩・短歌・俳句」辺りは、昔から塾に通っているお子さんとの差が出てくる。

ここまで平均点も高くなるのかと思う。

 

しかし、Bコースとはいえ、前回苦戦した算数の立体図形の偏差値は64だ。申し分ない。

娘は大喜びして嬉しそうだ。

 

そして、今回特筆すべきこととしては理科の「電気」の偏差値69だろう。

「電気」は男女共に苦手な人が多い単元だ。

私達も散々苦労してここまで来たし、泣かされた単元の一つだった。

 

それが、70点中57点。

そして偏差値69!偏差値70に届きそうなところまで来た。

 

娘はまたも「よっしゃー!!」と叫び、

算数のK先生、そして理科のH先生のところへ走って行った。

 

今回はK先生からも理科の偏差値まで褒めていただいたのだそうだ。

 

理科のH先生のところへは、水曜日に学校が終わると、

タクシーを飛ばして質問に行っていた。

ほとんどゴリ押しで質問の時間を作っていただいたのだ。

私としても結果を出して、誠意を見せたかった。

www.mangetsu-mama.com

 
理科のH先生にも、

「お前、本当にすごいじゃないか!よくやったな!!」って褒められたよ。

と娘は満面の笑みだった。

「先生に質問した問題と似た問題が出たことも話したんだ!」と娘は言っていた。

「それは良いことを言ったね。きちんとお伝えすることは大事だね。」と言うと

娘は嬉しそうだった。

 

私の体調も、週テストの土曜日にはかなり回復していた。

今回は軽症で助かった。

 

以前患った腎盂腎炎や、突発性頭位めまい症の様に、

どこかで倒れて救急車で運ばれたり、治るまで何か月も病院へ通うとなると、

今の娘に大きな影響を与えてしまう。

 

これからはストレスをしっかり発散し、睡眠をしっかり取って

肉体的にも自分の体を気を付けて行こう。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ