不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

【週末番外編】週末小話190_角川武蔵野ミュージアム

<角川武蔵野ミュージアム

いかがお過ごしでしょうか。
今日は角川武蔵野ミュージアムについて書こうと思います。

 

角川武蔵野ミュージアムはご存知でしょうか。

昨年埼玉県所沢市にオープンした図書館・美術館・博物館が融合した文化複合施設です。

kadcul.com


「本好きであれば、好きなこと間違いなし!」と聞き、私がずっと行きたかった場所です。

 

デザイン監修は、あの建築家・隈研吾さん。

 

建物が見えた瞬間、圧倒されました!

周囲に何もなくポツンとそびえる建物。

建物と青空とのコントラスト、そしてスケールの大きな世界観に、入る前からワクワクが止まりません。 

f:id:fukutsuno_toushi:20210618210644j:plain

まるで天空の城の様です。

チケットは「KCMスタンダードチケット(本棚劇場含む)」を1200円で購入しました。

1DAYパスポートですと、「月~木」は3000円、「金土日」は4000円だそうです。

 

私の買ったスタンダードチケットは4階と5階を見ることができますが、残念ながら、

「マンガ・ラノベ図書館」には入ることができませんでした。

また、「チームラボ/どんぐりの森の呼応する生命」も別料金です。

次回の楽しみに取っておこうと思います。

 

 

入り口に入るとすぐ金色に輝くウルトラマンを発見。夫が喜んで駈け寄ります。

「あ!父だ!いや、これはタロウか!!」となどと、はしゃぎながら写真を撮って楽しそうです。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618210958j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210618211009j:plain
左、黄金に輝く「ウルトラブッダ」達。
右、夫が撮ったウルトラマンタロウ

よく見るとウルトラマンが仏像の姿をしています。

これは「ウルトラブッダ」というアートの様なのだそうです。

説明書には、こうありました。


「オーストラリアの富裕層の住宅ではインテリアとしての仏像を飾ることが少なくない。

この作品はその光景から感じた違和感をきっかけに生まれた。

人は経済的に恵まれていようがいまいが、精神積な安らぎを求め、僭越的な存在による

救済あるいは己の解説を願うのかもしれない。

その救いを求める想いは日本のスーパーヒーローにの存在にも重なる。

こうして日本が誇るスーパーヒーローと仏陀が融合した「ウルトラブッダ=超仏陀」が誕生した」角川武蔵野ミュージアム ウルトラブッダの説明より

 

なるほど面白い!

序盤からグイグイ惹き込まれます。

 

 

まずは4階から見ることにしました。QRコードをかざして中に入ります。


イメージとしては、図書館より本屋さんに近いかもしれません。

想像より遥かに多くの本がありました。

エディットタウン(4階本棚劇場以外の場所)に約2.5万冊。

本棚劇場には約5万冊の書籍を所蔵しているのだそうです。

 

それが何ともお洒落に陳列してあるのですね。

 

例えば普通書店でも図書館でも本は縦置きだと思うのですが

横置きに置いてある本が新鮮。

顔を横に向けながら、これは何だろうと手に取りたくなります。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618211158j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210618211139j:plain
エディットタウン。引いて見るとお洒落なアート、じっくり読むと面白い、そんな空間です。

いたるところに椅子があるので、気にいった本は読むことができます。

図書館や本屋さん同様、通常の声で会話をしている人はいませんでした。

 

私は「コンピュータ増殖系」ですとか「脳と心のメディア」のコーナー。

 

そして、「〇〇上手」のコーナーが気になり読んでいました。

「商い上手」「振るまい上手」「駆け引き上手」「場づくり上手」「聞き上手」

「変身上手」「企て上手」沢山ありますね。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618211328j:plain

〇〇上手、面白いカテゴライズです。

「企て上手」まであるなんて、何てセンスあるカテゴライズでしょう。面白いですね。

それぞれのカテゴリに置いてある本も多種多様でセンスの良さを感じますし、

沢山の本を手にして勉強にもなりました。


動画とフラッシュ撮影は禁止ですが、写真は自由に撮って良いこともポイント。

気になる本を手に取り、椅子に座ってしばらく読んだ後、表紙の写真を撮っておけば、家に帰って購入できますね。

またここで気になった本は、読み終えた後、週末小話で紹介しますね。

 

娘の為に気になる職業本コーナーも発見。買い足しておこうと思います。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618211516j:plain

娘にピッタリの本ばかり。これを参考にして買い足そうと思います。

 

そして一番奥まで行くと圧巻の本棚劇場が現れました。

晦日紅白歌合戦でYOASOBIが演奏していた場所ですね。

 

2フロア?3フロアあるでしょうか。見上げる本棚は圧巻の光景。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618211830j:plain

そびえ立つ本棚劇場!高さ約8mだそうです!
身長166cmの私の4.8倍ありますね!
四方が本棚に囲まれ圧巻の光景です!!

もうこれはアートの世界ですね。

でも、個々の本を手に取ると面白そうな本が並んでいるところも、これまた素晴らしいのです。

 

しばらくすると「プロジェクトションマッピングが始まります」とのアナウンス。

この本棚に映像が流れました。アートと本棚との融合なんて新しいです!

f:id:fukutsuno_toushi:20210618212010j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210618212019j:plain
本棚劇場。プロジェクションマッピングの様子。

 

階段横にも本が陳列されています。

「あ、漫☆画太郎先生が面白いコメントしてる」

と手に取った「世界遺産の本」

あれ?よく見ると「奇界遺産」と書いてありますね。思わず笑ってしまう不思議な本です。

 

ラジオで紹介されていた水木しげるさんの本もありました。

この歳の水木しげるさんだからこそ感じる言葉がまた深いのです。

f:id:fukutsuno_toushi:20210618212338j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210618212349j:plain
左、思わず手にした「奇界遺産」。右、水木しげる「屁のような人生」

 

5階はギャラリーや回廊などがありました。

 

外へ出ると、神社もあり、茅の輪くぐりもできました。

ちなみにおみくじは吉。よしよし!

f:id:fukutsuno_toushi:20210618212736j:plain
f:id:fukutsuno_toushi:20210618212746j:plain
神社まであるのですね!ビックリしました。

周辺施設全体で見ても、また美術館の様。

 

人には教えたくない素敵な場所を見つけた、満ち足りた1日になりました。

 

それでは今日も皆様にとって素敵な1日になりますように。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ