不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、6月。YT週テスト16回の偏差値

<YT週テスト第16回Bコース偏差値>

Sちゃんと無事に仲直りができた娘は再び勉強のエンジンをかけることができた。

試験会場で会ったSちゃんはいつも通りに接してくれ

お迎えにいらしたSちゃんのお父様もこやかに接して下さったそうで本当にありがたい。

 

<YT週テスト第16回偏差値Bコース>

算数  84点/100点中 順位251/1925人中 偏差値59.79

国語  72点/100点中 順位115/1925人中 偏差値65.35

理科   50点/70点中  順位34/1898人中  偏差値68.5

社会   50点/70点中    順位470/1855人中 偏差値56.18

4科目 256点/340点中   順位29/1855人中  偏差値69.17

 

この週娘の勉強はすこぶる順調だったが

それにしても、Bコースとはいえ4科目偏差値がかつてないほどの快挙だ。

4科目偏差値69。1900人弱の人数の中で29位とはすごい。

 

それぞれの科目を見ていく。

算数は点数から見て理解力としては十分だ。

やはり平面図形の基礎力は十分についてきていると思って良いだろう。

あらゆる戦法で興味を持たせてくれた小5の時のH先生の授業と、

粘り強く考える力を伸ばしてくれた現在のK先生には感謝しかない。

 

絶好調の理科もまた4桁の人数の中で34位。偏差値が69だ。

今回は「力と運動」だったので、今までであれば、苦しい単元だったが

やはり、GW理科実験教室の体験から、身近に感じられて勉強が進んだことが大きい。

 

「勉強している時、ふと楽しさを感じられるか?」これがキーワードな様に思う。

まだ10歳11歳の小さな体で、テキストの活字だけを頭に叩き込むのは限界がある。

「知ってる!」「見たことがある!」ということで、世界が変わると証明されたように思った。

 

次に国語。国語は娘の得意な物語文だった。

国語も全体を見ると穴が多いが、物語文は女子校で出題が多いので一先ずほっとする。

 

社会は明治から昭和。

社会のテコ入れは夏にすると決めていたので今は十分だ。

 

娘が帰宅後、偏差値を伝えると、飛び上がって喜んだ。

「4科目の順位が29位?偏差値69!やったーー!!」とはしゃぐ。

 

いつも通り、結果を持って塾に走って行くと思いきや、

 

「ママあれやろう!!」と娘は言った。久しぶりだ。

「おお!やりますか!!」と言って二人で定位置に着く。

そして、久しぶりに二人で喜びの舞を踊った。

 

娘とバカみたいに騒いで踊っていたら、

私もここのところの様々なストレスから解放されていった。

娘も同じ様で、久しぶりに屈託なく笑ってはしゃいでいた。

 

こうして、再び、一歩前へ進み出した。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ