不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、7月。第2回合不合判定テストの結果と偏差値。

<合不合判定テストの結果 偏差値>

早稲アカ個人面談の話の前に、合不合判定テストの結果を書いていく。

 

<2018年第2回合不合判定テスト偏差値>
算数  102点/150点中 順位 798/6742人中 偏差値61.33
国語   84点/150点中 順位1862/6742人中 偏差値55.86
理科      53点/100点中 順位2638/6516人中 偏差値52.3
社会      42点/100点中 順位3427/1903人中 偏差値47.77
4科目     281点/500点中 順位1781/6323人中 偏差値55.82 ※

 

自己採点で出た算数の102点というのが、一体どれ位の偏差値なのか分からなかったが

予想をはるかに上回り偏差値61を超えていた。

 

やはり一番苦労して、一番時間をかけてきたのが算数なので

どんなテストでも算数で結果が出ることが一番嬉しいし、

娘のモチベーションも上がった。

  

今回の合不合判定テストで算数の偏差値が第1回の49から、

12ポイントアップしたというのは、娘の粘りも大きいが、

全体的には、日々の努力の結果が表れだ。

 

やはり、K先生の「途中までヒントをいただく」→「あとは自分で解く」

というスタイルのご指導により、

「自分で考える力」が習慣化されていることが本当に大きかった。

 

 

一方で理科は思ったよりも低かった。

前回の合不合判定テストが68点で偏差値58.19だったことを考えると、

今回の53点 偏差値52.3は少し物足りない。

 

娘によるとその理由は「結構忘れていて、前書けたものが書けなかった!」とのことだった。

なるほど、忘れてしまっている事柄もあるのか。

 

夏休みは、これまでのテストで落とした部分を強化しようと予定していたが

「昔はできたけれど、忘れてしまった」範囲もあると知り、総復習もすることにした。

 

そして、社会。

社会はYT週テストでも、組分けテストでも穴だらけだし、

常に一番低い教科であることは、娘も私も分かっている。

 

故にこの夏の最大克服ポイントは社会で、

「夏のママ塾」では、徹底して社会を潰そうと思っていた。

これだけ伸びしろがあると思うと、この時は本当に有難かった。

 

国語は、思ったよりも良かった。

問題文との相性も比較的良かったのだろう。

前回と比較すると、点数は4点アップしただけだが、偏差値でいうと、4ポイント上がっていた。

 

突然出てきた「クラスダウンの恐れ」というキーワードに

私も偏差値が出るまで心配させられたが、結果としては偏差値55を超えていて、

少なくとも夏はこの勢いで進めそうだとわかり、ほっとしたのだった。

 

※データは2018年のものです。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ