不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。夏休みの予防接種と、夏合宿の準備。

<予防接種と合宿準備>

夏の間に済ませておこうと思っていた事柄の一つが予防接種だ。

私達は小5の時にインフルエンザに感染し、しばらく勉強ができなかった経験がある。

 

受験生の年に同じことがあってはならない。

本人がインフルエンザにかかるのもそうだし、至近距離にいる私も要注意だ。

家族全員がインフルエンザの予防接種を受けようと話をしていた。

 

とはいえ、さすがに1月2月に受験をするのに、今から打つと早すぎる。

インフルエンザの予防接種は、先生に相談し、秋以降に第1回目を打つ話になっていた。

 

他に、母子手帳を見ながら、少し気になったのが、おたふく風邪水ぼうそうだった。

 

どちらも、保育園の時代に軽度の症状が出たが、本当に感染したのかどうか怪しいほど

僅かな症状だった。予防接種もしていない。

 

かかりつけの医者に相談しておき

夏休みにおたふくと水ぼうそうの予防接種を受けることになっていた。

 

塾も休みたくないが、

学校と塾とを両立している通常の時期に受けると疲労がたまっているので

夏程体が万全とは限らない。そんな時に受けて良からぬ反応が出たら困るからだ。

 

なるべく宿題が少ない夏期講習が社会と国語の日を選んで予防接種を受けた。

 

同様に夫も風疹の予防接種を受けたことがないかもしれないということになり、

私は妊娠中に風疹の抗体検査はしたはずだったが、

念の為、夫婦で風疹の予防接種も受けておいた。

 

予防接種が終わり、8月の数日を終えると、一度目の休みに入る。

 

このタイミングで、娘は夏合宿へ行く。

夏の合宿は朝から晩まで勉強漬けだが、

苦手なものをひたすらやるママ塾よりずっと楽だと去年も娘は言っていた。

 

合宿に行けば、すぐに成績が上がるとは私も思っていない。

授業の場合、受けた後の反復でやっと自分のものになり、力となるのだが

夏の合宿は勉強漬けで忙しいので、反復時間がそうそう取れない。

 

しかし、合宿に行けば士気が上がる。

これにおいては、合宿に勝るものは無かった。

 

また人間関係も大切だ。

去年の夏合宿でできた人間関係のお陰で今の娘がある。

 

どのクラスにも友達がいるので、

通常授業では違うクラスであっても、NNで会うこともある。

クラスを隔てて友達と繋がれるのは、この夏合宿だ。

 

去年の楽しい早稲アカ夏合宿を思い出し、娘は8月に入ると浮足立っていた。

 

予定表を見ると、去年よりずっと勉強の時間が多く取られている。

遊びの時間は少ない。

娘はそれに気が付いていないようだった。

 

夏期講習が終わり、夕食前の勉強を終えると、夜二人でせっせと荷造りをする。

そんな日々を数日過ごし、いよいよ娘は夏合宿に向かった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ