不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。地獄のママ塾スタート前夜。膨大なプリントを娘に見せる。

〈ママ塾で駆け抜けろ!〉

 早稲アカ夏合宿から帰宅し、いよいよママ塾が始まった。ここからが私の本番だ。


朝から晩までつきっきりで勉強できる期間は、夏のこの時期を逃すとないに等しい。

 

秋以降は過去問にターゲットを絞り

冬に向けて勉強量を減らして体を整える必要がある。となるとやはり今しかない。

 

ここが踏ん張り時だった。

 

私より遥かに娘の方が体力がある娘についていく為に

自分の為に、ゼリードリンクの『速攻元気』やキューピーコーワゴールド、

コーヒー豆、紅茶、GABAなどのチョコレートなどを準備しておいた。

娘の好きなスティックパンと蟹パン、そしてラムネも買っておいた。

 

そして、ママ塾用に沢山の課題の準備をしておいた。


一番は社会。

この夏頑張らずして、一体いつやる?そう思い社会に対して気合いが入っていた。

 

「4科のまとめ」という四谷大塚のテキストを全てコピーし、

全ページにチェックペンで私が正しい答えを書き込む。

 

私の字が間違えたら、元も子もないので、全て書きこんだ後は、もう一度チェックもする。

一冊書き終えるのに何日かかったろう。

 

大変な作業だった。

 

パソコンやスマホが当たりの生活を送っている中、

これだけ手書きで文字を書いたのは久しぶりで、手首が腱鞘炎になってしまった。

 

シップを貼り、包帯を巻きながら 

子ども達はこんなに手を酷使して勉強しているんだと思うと胸が熱くなる。

 

四科のまとめの地図のページは、余分にコピーしておく。

口頭では難しいので、書き込みのない地図を娘に持たせ

『4⃣の川は?』『5⃣の盆地は?』と私が質問をする予定だ。

 

テキストは重いが、プリント一枚なら、どんな体勢でも暗記できる。

横になっていたって構わない。

 

本来ならば口頭でなく、書き込んで暗記させたかったが

どう考えても間に合わないので、口頭形式にすることにした。

 

『社会の四科のまとめ、1冊丸暗記!』

これが今回のママ塾のゴールだった。

 

次に準備したのが、理科のマスターテキストという早稲アカのテキストで

娘が案じていた生物と人体含め、暗記項目のページはすべてコピーしておいた。

そして、社会同様、全て空欄にチェックペンで書き込んだ。

 

算数と国語はYTの解き直しと、上位校の算数の解き直しの用意はしておいた。

社会に疲れた時に、随時気分転換に使うつもりだ。

 

膨大なプリントの量になった。

 

娘にプリントを見せると娘は黙って立ち上がった。

何だろうと思っていると、ハチマキを持ってきた。

 

一本私に渡してくる。

そして「明日から頑張ろう!」と娘が言った。

 

いいねと言い、私もハチマキをしめてみた。

身が引き締まる。いよいよだ。

 

こうしてママ塾が始まった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ