不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。ママ塾2日目。娘の集中力を探りながら課題を出していく。

<ママ塾2日目>

昨日、歯が立たない問題をやらせてしまった反省を踏まえ、

2日目は模擬問題集の算数と社会は切ることにした。

国語と理科のみ行う。

 

2時間後、一緒に座って国語の問題文を読みながら解き直した。

 

まずは要約をしてもらう。

「これは誰誰が書いた〇〇という本です」と娘がタイトルと作者を読みあげる。

タイトルは極めて重要と教えていたからだ。

 

次に文頭と文末を中心に内容を簡単にまとめる。これも少しずつできる様になった。

 

内容が頭に入ったところで問題文を見ていく。

 

着手していない問題の中で私が選んだ問題を

「時間をかけていいから、もう一度考えてみて」と促す。

 

実際の過去問も大人びているが、どうもこの学校は娘の精神年齢と差がある。

それが、読みにくい原因の様だった。

 

解説を入れ、一時間以上かけてじっくり国語を解いていった。 

算数を捨てて読解にあてたことがうまくいき、午前の国語が充実できた。

 

次に理科だ。

理科の模擬問題集に関しては、娘が解説を見て分かる問題のみ解き直した。

レベルが違う問題も多いので、深追いはしない。

 

昼食は13時半。

予め作って冷凍しておいたカレーを解凍しておいた。

一緒に勉強していると御飯を作る時間もあまり取れないからだ。

さっと準備してサラダとカレーを食べた。 

 

午後は

まずは上位校の算数を4ページ。

授業のアウトプットをして、問題を解く。

その後丸付けをして、ノートを読み返しもう一度解く。

 

難しいので、思うように進まない。

 

ここまでで15時。

 

ようやく理科の暗記を始める。

 

「用意スタート」でボタンを押すと、娘は集中して暗記する。

この時間、私も音を立てず他の教材を読んでいる。

 

10分後タイマーが鳴ったら、問題を出す。

取りこぼした問題に印をつけて、再び5分暗記してテストをする。

 

これを2時間続けた。

さすがにお互い疲れて、最後は立ったまま暗記したり

ソファに横になりながら暗記をすることもあった。 

 

暗記に疲れた後は、YT週テストの理科の解き直しを出した。

YT週テストの解き直しは、娘が好きな課題なので娘はほっとして喜ぶ。

 

夕食後も、算数と国語のYT週テストの解き直しをしてこの日は終わった。

 

2日目。

この日も12.5時間。

 

前日より更に集中力が続いたことは嬉しいことだ。

 

しかし、本人の意思を尊重すると、結局社会を後回しになることが気になった。

 

明日はどうにか社会に持っていこう。

そんな風に反省をしながら、この日もいつの間にか寝落ちた。

ぐったりしていた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ