不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。ママ塾、最終日。9日間112.5時間の勉強を終えて夏のママ塾が終了する。

<ママ塾最終日>

最終日の朝もいつもより30分早く起きてきた。

 

ママ塾の課題を終え、塾の宿題が中心なので、

特に大きく引っかかることがない限り、私はほとんど見守りに近い。

 

昨日までの「絶対に倒れることができない」というプレッシャーから解放され

随分気が楽だった。

 

昼食後、娘は母とコードブルーという映画を見に行き、夕方帰宅した。

早目の夕食を取りながら様子を聞く。

 

久しぶりのスクリーンで興奮したこと。

最近一緒に医者になろうとSちゃんから誘われていたが、

決断を出すのに時間がかかる自分は、お医者さんは向いていないと思ったこと。

救急救命士はもっと向いていないと思ったなどを熱く語っていた。

 

確かに今の娘からは想像がつかない。

 

しかし、受験勉強を伴走していても予想がつかないのだから、

娘の未来はもっと想像がつかない。

 

一体どんな大人になるのだろうか。

 

そんなことを考えながらニコニコと話を聞いた。

 

食後は残りの宿題に取り掛かった。

しかしそれも、19時前には全て終わった。

 

「どうする?明日からの夏期講習に向けて今日は早めに寝る?体調はどう?」

と聞いたが

 

頭の中が映画でいっぱいだから、もう少し勉強をして

気持ちを戻してから寝たいと言うことだった。

 

ママ塾の課題から理科のプリントを出して娘に渡す。

 

今までのママ塾で口頭で暗記してきたものを書き出す練習だ。

忘れてしまっている物もあるだろうし、カタカナが間違っているものもあるだろう。

時間があれば書き出したかったので、丁度良い。

 

娘は一枚解いては私に渡す。私は丸付けをして、横に置いておく。

一章終わったら間違えた問題の確認をする。

黙々とプリントを解く時間が過ぎていた。

 

娘はテレビを見た後でも音楽や映像が耳に残って集中できない。

この日は映画だったので尚更そうだろう。

 

それでも、何とか雑念を払って再び勉強に集中しようと切り替えている様だった。

 

不器用な娘なのでそんなに簡単に割り切れないが

努力していることはよくわかった。

 

23時勉強終了。

この日の総勉強時間は8.5時間。夏のママ塾の累積時間は112.5時間。

 

「ママ塾9日間110時間チャレンジ」の目標は突破した。

 

112.5時間、ほとんどが苦手なものばかり解いたママ塾は、さぞや辛かったろう。

 

「ママ塾終わったね!明日から夏期講習だ!」と言うと

「やっと終わったー!!きつかったー!!

早稲アカ合宿よりママ塾の方がきつかったー!!」という本音も出た。

 

「よく頑張ったね!お疲れ様!過去最高の集中力をキープできたね」

と私は褒めちぎった。 

 

娘が眠った後、夫が晩酌していたビールを一口だけもらった。

 

これでやっと大きなノルマが終わった。

こんなにぴったりと寄り添って長期間勉強する機会は1月までない。

 

私もまた達成感に満ち溢れ、やっと解放的に眠ることができたのだった。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ