不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。夏期講習後半。娘の体調に陰りが見える。

<夏期講習後半。娘の体調の変化>

夏期講習から帰った娘は相変わらず楽しそうだ。

 

先生との相性もさることながら、お友達の存在が大きい。

授業は切磋琢磨し、休み時間はジョギセン(定規戦争)をし、Sちゃんと女子トイレでおしゃべりをする。

その一つ一つが娘には楽しくかけがえない様だ。

 

私は、体調を壊し、娘が塾に行っている間眠っていたので

うっかりして、その日夜に勉強する教材の用意をしていなかった。

 

帰宅後、おやつを食べていた娘から

「今夜のママ塾は何やる?」と聞かれてハッとした。

 

用意していないどころか、塾の後勉強をすることすら忘れていた。

いつまでも疲れたと言っていられない。

 

「ごめんね。今日はまだ用意ができていないんだけど勉強したい教科はある?」と娘に聞くと

 

すぐに「算数がやりたい」という返事が返ってきた。

 

そして、娘がテキストを持ってきて、すごい勢いで付箋を貼り始めた。

9日間ママ塾の時、確かにYT週テストの解き直しをした際、少し不安な単元があったらしい。

 

全然頭が回転しないので助かった。

娘がおやつを食べている間に、最初の数枚をコピーして渡した。

 

今日は娘の希望通り、算数のバックアップテキストを解くことで、勘弁願おう。

とても一緒に向かう気力も体力もなかったので、

ただ、一緒に座って勉強している姿を見守った。

 

娘は私の変化に気が付かない様だ。

いつでも質問ができる状態だと思っている様で安心して解いていた。

 

幸いなことに帰宅後、眠るまでの4.5時間の勉強の中で質問はゼロだった。

とても教える状態ではなかった私は何とか一日を終えられてほっとした。

 

娘の体調に変化が現れたのは、翌日のことだ。

通常は7時半に起きてきて、朝食。8時から1時間勉強して塾へ向かう。

 

しかし、珍しく8時まで起きてこなかった。

塾が9時からなので、起こしに行くと

「あれ、目覚ましが鳴らなかったのかな」と娘が言うが

その顔がパンパンにむくんでいて、嫌な予感がした。

 

「顔がむくんでいるね。大丈夫?体調が悪い?」と聞くと

「まだ寝ぼけていて分からないや」と言っていた。

 

しかし、食欲もいつも通りあり、熱もなかったし、

出掛けの娘は

「今日は後半最初の算数なんだ!絶対にベスト5に入るってSちゃんと約束したから頑張る!」と意気揚々としていた。

 

なるほど、それで昨日あれほど算数の勉強をしたがったのかと、ようやく理解した。

 

体調が悪そうな嫌な予感は気のせいだったのだろうか。

 

どちらにしても、まずは私の体をいち早く治さなくてはと思い

娘を見送った後、この日も午後まで食事も取らずに眠り続けた。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ