不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、8月。負のループからの脱出と、H先生が倒れた話。

<負のループからの脱出とH先生が倒れた話>

翌朝娘は30分早く起きてきた。

前日は反省会が長かった為、勉強の積み残しがあることが気になったようだ。

www.mangetsu-mama.com

 

私は昨日の今日なので様子を見るにとどまった。

 

お腹の調子を確認すると、すっかり元通りだというので

今日のお弁当は、久しぶりに煮込みハンバーグにした。娘の好物の一つだ。

『頑張れ!いつでも応援してるぞ!』そんな思いを込めるには、お弁当が一番早い。

 

塾へ迎えに行くと、

「ママ!聞いて聞いて!!」と大騒ぎだ。

「どうしたの?」と聞くと

「今日の理科の小テスト3つ満点取ったんだよ。基本事項だけ満点じゃなくて悔しかったなぁ」と言っていた。

「でも先生にみんなの前で褒められたんだ」と嬉しそうだ。

 

自分自身が踏ん張り、早起きして何とかしよう、

現状を打破しようと娘なりに考え、まずはテストで結果を出してやろうとした結果だ。

 

「頑張った結果が出たね!」というと、うんうんと嬉しそうだった。

 

もう一つ、私や娘にとって、そして、多くの生徒さんにとって衝撃的なことが起こっていた。

H先生がとうとう倒れてしまったそうなのだ。

 

話を聞いた時「うそでしょう!」と私は悲鳴をあげた。

娘の今は、算数のK先生と理科のH先生の二本柱だ。

 

娘の話によると「お腹の病気が我慢しすぎて悪化した」のだそうだが、

あの働き者のH先生が夏期講習の途中で倒れて、代行を立てるとは余程のことだろう。

きっととっくに症状が出ていて、無理なさっていたに違いない。

 

先生のお体を心配すると胸が苦しくなると同時に、

親としては、まだ夏で良かったとほっとしたことも否めない。

 

この先秋になると、過去問が始まる。

赤本の解説は分かりにくいと聞く。理科の難問も出てくるだろう。

 

算数はK先生に、そして理科はH先生に質問ができる元の状態に戻りたい。

算数を先生に教わっているクラスのご両親は、私よりもっと気が気じゃないだろう。

 

H先生を思う。

いつも、誰よりも早く出社されていた。

 

授業は夜から始まるのに、お昼から出社されていた。

 

雑用もされて、あれだけの宿題を作って、夜は授業、補習も沢山してくださる。

そんなH先生の忙しさを、私も娘も良く知っている。

過労で倒れないだろうかと思っていた矢先だった。

 

代行の先生は、娘が知っている先生ばかりだったので

「久しぶりだな!」といった感じで、和気藹々とした授業だったそうで助かった。

 

H先生の一日も早い復活を願った。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ