不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、9月。ママ合宿終了。チェックアウトして帰宅する合不合判定テストの翌日。

<ママ合宿チェックアウト>

翌朝は最後の朝食を食べ、その後勉強に戻った。

娘は合不合判定テストで真っ白になったショックをまだ引きずっていたが

かといって勉強が手につかないということもないようだった。

 

予定通り宿題をしたり、プリントを解いたりした。

 

国語の読解問題に関しては、

「一度先生とお話ししてみるから、少し待ってね」

と言って、知識問題だけをやった。

 

正直言って、先生との話を聞いて納得がいかず、私は腹を立てていた。

先生とお話して、実際にどう説明なさったのか、

なぜ私が教えた方法では駄目なのか伺いたい。

 

小5の国語の先生と私は大きく差がない解き方だったし

それで実際に成績も伸びてきたからだ。

 

とはいえ、娘はまだ小学生。

先生が話した内容の全てを伝達できてはいないだろうから誤解もあるだろう。

いずれにしても、早急にこの混乱している状況から脱出する

すべを考えなくてはいけないと私はそう思った。

 

この頭が真っ白になるパニックが、2月1日でなかったことがせめてもの救いだ。

 

しかし、一度やってしまったとなると、

またこのような突然のパニックが起こらないとは言い切れない。

娘も同じ様に思っている様だった。

 

二度とこの様なパニック状態に陥らない様、手を打っていかなければならない。

 

チェックアウト時、ホテルの方に

何もかも至れり尽くせりなサービスをありがとうございます。

と、深々と頭を下げた。

 

「陰ながら応援していますね」と素敵な笑顔で温かい言葉をいただいて嬉しかった。

 

「ママ、最後にここでピザ食べようよ」と娘が言うので、

一階のイタリアンレストランへ行った。

 

「今回はピザとパスタと二つ頼んで半分こしようよ」など娘の方から言ってきて

機嫌も良かったので、ホッとした。

 

落ち込んでも食欲があるのはいつものことだが

2時間以上泣き続けて、一晩ぐっすり寝て、随分ショックから回復したようだ。

 

帰りは夫に迎えに来てもらうことにした。

帰りの車で娘は、この二泊三日のママ合宿での出来事を色々話していた。

二人でハチマキを締めたこと。

結構沢山勉強ができたこと。マッサージクッションがあったこと。

近所のコンビニにセルフレジがあって楽しかったこと。

ドラッグストアで姉妹に間違えられたこと。

 

そして、

「美味しいステーキも食べたんだよ。

それから焼きたての窯から出てくるピザも超美味しくて、2回も食べちゃったんだから。」と

娘は上機嫌で話していた。

 

しかし、案の定合不合判定テストについては一言も触れなかった。

前回の組分けテストが良かったので、今回の1回でクラスダウンはないだろう。

結果を待とう。そう思った。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ