不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、9月。過去問2。憧れ校の初めての過去問は、一体何点くらい取れたのか。算数と理科。

<過去問の様子2 具体的な点数算数と理科>

娘にとって、過去問を解くと言うことは大変なことだった。

 

あれほど「今は合格点は取れなくて良いんだよ。

今から取れちゃったら油断しちゃうし

これから沢山解いて、その学校の出題の雰囲気になれて、本番を狙おう」と

私からも先生からも何度も話をしたが、

 

本人はひどい点数を取っては泣いたし荒れた。

その度に励まさなくてはならず、エネルギーを消耗した。

小5のベランダに立てこもった頃を思い出した。

www.mangetsu-mama.com

 

あの手この手で励まし、近所の神社に参拝する機会もグッと増えた。

娘は神社との相性が良く、宮司さんも娘に度々声をかけてくださったので

神社に行くと落ち着くようだった。

 

クラスには、優秀な人がいて、冒険しない人もいる。

本来であれば、御三家を受験するような人が、一つ下のランクの学校を受ける

という場合もある。

そういう人にとっては過去問は余裕で、最初から合格ラインを超えている。

 

余裕のお子さんは悪意なくクラスで合格点を超えたと話す。

しかし、娘は何と言っても偏差値35から這い上がったのだ

まだまだこれからだ。

 

ではどれ位の点数だったかというと、

初めて解いた算数の過去問は100点満点に換算すると、たった18点しか取れなかった。

 

30分延長して、ようやく41点だった。

これが現実だ。

最終的に2月までのあと4か月で、今は18点しか取れないテストが

6割7割取れる様に目指したい。

 

よく「その学校の問題とは相性」についての話があるが、

確かに出題の形によって、解きにくい解きやすいという事はある様だった。

 

ただ、その学校の問題との相性もさることながらその年の問題との相性もある。

 

組分けテストや合不合判定テストとは違うのだ。

一体どんな問題がその年の入試に出るのか。

そればかりは運もあるが、ともかくベストを尽くして向かいたかった。

 

今となっては算数以上に武器と化した理科は、

驚くべきことに、最初の過去問から割と手応えがあった。

 

娘は「私にとって解きやすい。よく「相性」っていうけど、相性が良いのだと思う」

そう繰り返した。

 

最初の過去問で100点満点に換算すると62点。2回目は58点。

時間を延長したら68点取れた。

 

夏に倒れたH先生が無事に復活なさったこともあり、

毎週水曜日のH先生との質問タイムも復活した。

 

娘は理科の過去問ノートには、

質問個所に「H先生へ」と一問ずつ付箋が貼ってある。

H先生はミーティングなどがあるので、まず質問を先生にお渡しし

先生は、さっとコピーしてミーティングに入る。

 

娘は先生がいらっしゃるまで、自習室で他の解き直しや宿題をしている。

やがて、H先生がいらして、分からなかった問題を教えてくださる。

 

時には先生も「この問題には泣かされるな」とか「これはなかなかの難問だ」と

おっしゃることもあるが、唯一歯が立ちそうな理科に娘のエネルギーは注がれていた。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ