不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、9月。憧れ校、初めての過去問。国語1

<過去問の様子 国語1>

コテンパンに打ちのめされつつも、やる気を掻き立てられた算数。

早くも手応えを感じて波に乗る理科。

夏のママ塾で力が付き、先生と協力しながらやる気を出している社会。

 

それに比べて苦戦したのが国語だった。

 

この頃になると、クラスの中でも

「国語が得意な女子」と「算数が得意な女子」とがはっきりと二分された。

 

娘は「算数が得意な女子」に位置するが、

クラスは圧倒的に「国語が得意な女子」の割合が多かった。

故に授業の国語のレベルは常に高かった。

 

娘は授業後の国語の補習も積極的に受けてきたわけだが、

もしかするとレベルの高すぎて、受けただけで消化できていない可能性もあった。

 

娘の志望校は大半が女子校なので、算数に比べ国語の平均点は高かった。

更に、私は春に全ての学校の過去問を読んだが、

娘の憧れ校は「大人びた文章」を出す傾向がある。

 

娘は精神的に幼い。

なかなか共感もできないし、その気持ちを理解することが難しいだろう。

更には、文字の量も多すぎて圧倒されるだろう。

 

最初に受けた憧れ校の過去問は、100点満点に換算してたった20点だった。

30分時間を追加してようやく44点になった。

 

国語は最初に解いた娘の解答用紙の上に、延長時間後の解答用紙を貼り付けて

提出した。これが失敗だった。

 

過去問ノートが返ってくると、先生からのコメントがあったが

そのコメントに娘は打撃を受けた。

 

「空白の多さが致命的です。正確さとスピードの両面を意識して取り組めると良いですね」

 

娘は「先生に厳しいコメントを書かれたよ」と娘は言ってノートを見せてきた。

しかしどうだろう?致命的という程ではない。

 

「うーん。これ先生もしかしたら、2枚目重ねて貼っちゃったから、先生は2枚目の延長時間のページしか見えなかったのかも。大丈夫」

 

と言うと、「なるほど」と言って、幾分ほっとした顔をしていた。

 

こういう時に、学校別の対策があるクラスに入っているお子さんが羨ましかった。

つい今頃日能研の学校別日曜特訓を受けていれば、国語ももっとピンポイントで勉強できるだろうに。

そんな風に思ってしまうが、ないものねだりをしても仕方ない。

 

国語も他教科と同じで塾で指定された過去問の解き直し方があるので、

指示通りに娘と解き直したが、国語だけは私も積極的に関わった。

 

幼い娘の精神年齢でも、少しずつで良いから問題文の状況を理解し

読むスピードをあげ、問題を解けるようにしなくてはならない。

私の頑張りどころでもあった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ