不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、10月。合不合判定テストの結果偏差値。

<第4回合不合判定テストの結果>

自己採点途中

「今回理科が思うようにいかなかった。苦手な単元が出た訳じゃないんだけど、

調子が出なかった。

ただ、たまたま調子が悪かっただけで、心配いらないと思う。」

と娘が言っていた。随分な自信だ。

娘がそう言うなら、理科は心配しなくても良いのかもしれない。

 

「国語は、もう駄目だ。昔みたいに解けなくなっちゃった。

真っ白にならなかっただけ、まし」とも言っていた。完全なスランプだ。

 

全てにうんうん。と聞く。

 

「志望校判定が何パーセントか」は、前回から見ていないので、

私にとっても娘にとっても何ともない。

 

大切なことは、「平日、今のクラスに在籍したい」ということだ。

 

今のクラスは上から2番目。

トップクラスは先生との相性やクラスとの相性が合わず、降ろしてもらった。

 

また、今のクラスよりひとつ下のクラスは

活気があって楽しかったものの

「憧れ校を目指すのであれば、僕のクラスにいては駄目です。

このクラスから合格した人は過去いません」とH先生に言われてしまってから、

急に嫌がるようになった。

 

娘の思いは強い。

もしクラスダウンが決まったら、

受験の合不合同様、娘のメンタルがやられてしまうのではないか。

そう思い私は心底怖かったのだ。

 

しかし、今思えば、この時私は毅然として鷹の目を持つべきだった。

 

「大丈夫!最悪クラスダウンしても、NN難プロがあるじゃない!

正月特訓もずっと難プロだし!難プロがあるから大丈夫よ!」

と強く明るく言ってあげるべきだったのだ。

 

そうすれば、平日のクラスにだけ囚われ過ぎていた娘の心を

切り離すことができたのに。

 

NN難プロは「何が何でも難関プログレス」という日曜特訓のクラスで、前期と後期がある。

後期在籍する為には、改めて試験を突破しないといけず、

なかなか入れなくてその度に泣いたが、今は楽しく通っている。

入ってしまえばこっちのもので、合不合判定テストの結果は関係せず、

正月特訓まで受けられるのだ。

 

娘はNN難プロが大好きだった。最近では平日クラスよりNN難プロの話が多かった。

私が引いて物事を考えることができれば、

娘の負荷を軽くしてあげられたのに、と今は思う。

 

<2018年第4回合不合判定テスト偏差値>
算数   90点/150点中 順位 1769/6288人中 偏差値55.2
国語   72点/150点中 順位 5124/6288人中 偏差値40.9
理科        37点/100点中 順位 3600/6067人中 偏差値46.4
社会      70点/100点中 順位 1109/5812人中 偏差値58.5
4科目     269点/500点中   順位  2835/5812人中 偏差値50.7

 

社会の伸びは嬉しいが、得意の理科が失敗した為、

前回を2ポイント下回る偏差値51が出てしまったのだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ