不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、11月。志望校選び四苦八苦。11月の時点の様子、その2。

<志望校選び四苦八苦。その2>

11月時点での志望校。昨日の記事はこちら。

www.mangetsu-mama.com

 

逆に言うと、11月の時点であきらめなければならない学校も出てきた。

「受験日の重複」があるからだ。

 

これが本当に悩ましかった。

憧れ校の受験枠は憧れ校を受ける。これで良いのですっきりしている。

受験日が少ない学校は迷う必要もない分、迷いがなくて気持ちが良いほどだ。

 

憧れ校以外の枠が問題だった。

午後受験もあるので、受験しようと思えば複数の学校を受験することも可能だ。

 

はたして気に入っている学校を、

「それぞれ1回ずつでも受験した方が良い」と割り切って受験すべきなのか。

反対に1つの学校に集中して、二次試験、三次試験(第二回試験、第三回試験)と

徹底して受けまくった方が良いのか。

 

その点が悩ましかった。

迷った挙句、私達は「徹底して受けまくる」方を選んだ。

 

「徹底して受け、合格が欲しい」と思うくらいその学校に思い入れがあったとことが一つ。

 

学校側からしても「何度も受験する程、我が校に入りたいのか」

と思ってくださるのではないかと勝手ながら推測したことが二つ目。

 

同じ学校の問題の方が解きやすいのではないかとこの時は思っていたのが三つ目の理由だ。

(実際には同じ学校でもあっても、何次試験かによって、

全く問題が違う場合もあることを後に知るが、この時は知らない)

 

反対に、受験日が重複してしまった学校は、泣く泣く諦めると決めた。

 

諦めた学校に対して、ケロッとして前を向いていた夫と娘に対し、

私としては未練が残る場合もあった。

 

重複して諦めた学校は、第一志望になりえる位、私が気に入っていた学校だったのだ。

娘の将来、大学まで考えても親として安心できる素敵な学校だった。

母親から見て娘に合っていると思った。

今後爆発的な人気も出る予感がしていたし、入るなら今だというチャンスも伺えた。

 

しかし「通うのは娘だ」と何度も自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着かせて娘の意思を尊重した。

「これもまたご縁」とも思うようにした。

 

特定の学校を徹底して受験すると決めると、3回同じ学校に受験するチャンスができる。

 

受験日の枠もかなり減った。

残りの一枠は、前もって気にいっていた学校にしようとすんなり決まった。

 

残す問題は1月の受験校だ。

 

1月校は、なかなかK先生の承諾が降りない。

「絶対に合格からスタートしなくては、満月の場合は駄目です」と先生がおっしゃる。

既に見学に行って気に入っていた1月校は、ことごとく「再度お考え下さい」と

先生から用紙を返され、持ち駒が尽きてしまった。

 

再度志望校選びに駆け回る。

必ず合格をいただける。そして通わせたいと

心から思える初戦となる学校を探さなくては。

 

11月になり、いよいよ私の心は焦っていた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ