不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、11月。援軍Rさんと考えた行動その1、寝る時間の見直し。

<流れを変える>

中学受験緒伴走を始めてから、沢山の方が私を応援してくれた。

 

大変だ大変だと言うと、受験に関係ない人でも

「満月ママなら大丈夫」「満月さんなら大丈夫」と言ってくれた。

 

私は元々はその言葉が大好きだった。

そう言っていただく度に自分ならできると鼓舞できた。

 

しかし、受験においてはどうも馴染めなかった。

「いえ、本当に自信がないんです」と私は言っていたが謙遜ではなかった。

本当に日々模索しており、どうしたら良いのかちっともわからなかったのだ。

 

しかし、まさかの援軍Rさんの登場で、私の心は厄が落ちたようにすっきりした。

「娘の伴走する私」の横を「一緒に伴走してくれる人」がいる。

「娘を支える私」を、「更に支えてくれる人」がいる。

「この先受験まで、痛みや苦しみは全部引き受けるわ」そう言ってくれる。

 

打つ手がない様に感じ、途方に暮れていた私にとって

これがどれほど心強かったかしれない。

 

Rさんとはその日、2時間くらい話をした。

全ての経緯と愚痴を聞いていただいたが、

それだけではなく、では具体的にどうすべきか一緒に作戦も考えていただいた。

 

電話を切った後、最初に取った行動は睡眠時間の大幅確保だ。

 

睡眠時間をしっかり取り、体調を整えるのは1月からを予定していた。

11月、12月は追い込み期でガンガンと勉強を進めていくつもりでいたのだ。

 

勇気がいる決断だった。

睡眠時間を多く取るには勉強を削らなくてはいけない。

まだまだ勉強したいこと、勉強すべきことが沢山あるのだ。

 

当然ことながら最初に娘にこの話をした時、

娘は思うような偏差値が出せない中、

今までの流れと逆行して勉強を減らすことに娘も不安そうだった。

 

私達は今まで「人の3倍勉強して壁を乗り越える」

という方針でやってきた。

ここで勉強を減らして寝る時間に充てることは、真逆の行動になる。

 

そこで、Rさんの話をしたところ娘も納得し

「そっか。ママの神様がそういうなら試してみる」と娘は言った。

 

睡眠時間を多く取る為には、

予定していた勉強を減らす必要がある。

 

二人でタスクを見ながら考えた。

娘は塾の宿題は必ずやるので、そこは消さない。

授業中負い目を感じるのが嫌だというので尊重する。

 

過去問も今まで通りのペースでやる。

 

となると、削れるものは、弱点強化や復習の勉強になる。

今は社会の見直し期間なので、社会は残して理科と算数を少し削り、

睡眠に充てることにした。

 

当時娘はまだ過眠症を発症していなかったが、

元々横になるとすぐに眠れる体質だったので、

その点大いに助かった。

 

眠れない体質だと「みんなは今頃勉強してるのに私だけ寝て良いのかな」

と案じてしまう可能性があるが、娘の場合、その心配はなかった。

早く寝ていつも通りに起きた。

 

これにより、平日は1時間以上、週末は1時間半以上睡眠が増えた。

 

睡眠時間を多く取るのは娘だけではない。

私も確保することにした。

私の方は、夜は娘の片付けや翌日の準備があるので、

なかなか就寝できないこともあるし

娘と違って不眠症なので、あまり眠れないこともあった。

 

そういう日は娘が学校に行った後無理にでも昼寝をする様にした。

 

ともかく寝る。沢山寝る。

睡眠時間の大幅確保を徹底していった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ