不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、11月。人と違う動きがしたい。脳に軽い刺激を与えるジョギング。

<人と違う動きがしたい>


Rさんの電話から私は一気に動き始めた。

次々にひらめき、勝手に体が動く感覚は久しぶりで嬉しい。

停滞していた雨雲が去って晴天の下を歩いている感覚だった。

何て体が軽いのだろう。

 

考えてみれば、最近の私は志望校選び含め受験に直結した動きばかりしていた。

もちろんそれも重要な仕事ではあるが、見えていないものがあるのではないか?

違うんじゃないのか?そう思い始めたのだ。

 

そもそも私と娘は

「人と同じことをしていたら間に合わない」という言葉を合言葉にしてきた。

 

「周りの人がやっていないことは何だろう?」

「どうしたら追いつけるだろう?」

常にそう考えてきたのだ。

 

例えば小5の間は、膨大なH先生の宿題を3セットコピーして人の3倍やってきた。

九九も怪しかった入塾から今のクラスに入るまで、

信じられないくらいの勉強量をこなしてきたことになる。

 

その後、塾の先生への質問のタイミングや人間関係についても

可能な限り工夫をしてきた。

 

例えば各先生の出社時間、休みの日、ミーティングの時間について

私と娘とで情報共有して常に把握してきたし

その上で先生のタイミングが良い時に質問に伺うようにしてきた。

 

また、先生と私達親とのルートも強化すべく、

私も夫もお迎えの度に顔を出し、

先生が授業でお気づきになった点をいち早くフィードバックしてもらえるよう

コミュニケーションを図ってきた。

 

しかし、それらの「人と違う動き」について

小6の最近は停滞気味だったことにふと気がついたのだった。

 

あの打つ手がない暗澹とした気持ちは、

「人と違う動き」をしていないことから生まれていたのかもしれない。

 

1月から始めようと思っていた

「睡眠時間の大幅確保」を2か月前倒して行ったことで

再び「人と違う動き」を意識しようと思い始めたのだ。

 

今回始めることにしたのは朝のジョギングだった。

体力作りとしてはスイミングを長らく続けている。

体力貯金は十分あるはずだ。

 

今回の目的は体力作りの面だけではない。

体を一定のリズムで動かし、脳に適度な刺激を与えたいのだ。

 

最初は縄跳びを予定していた。

しかし娘は元々縄跳びが得意でないので、縄が体に当たる度に怒ってしまい逆効果だ。

エア縄跳びは普段から取り入れていたが長時間やるのは難しかった。

 

そこで夫に頼み、夫と一緒にジョギングすることにした。

 

「脳に軽い刺激を与えることによって、記憶能力が上がるという説があるの。」と夫と娘に説明する。

2人が「おお〜」と頷く。

 

「ストレス発散にもなる!」「深い睡眠も取れる!」

 

ひとつ言う度に反応する2人の様子を見ながら

私は確かな手ごたえを感じた。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ