不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、11月。そして塾のクラス発表

<そして塾のクラスの発表>

11月は随分とアップダウンがあった。

 

娘がスランプを脱出した首都圏模試センターの統一合不合判定テスト。

圧倒的な結果を出し、振り切ったかと思えたのに

11月の合不合判定テストで娘が腹痛を起こして途中退出。厳しい偏差値が出た。

 

このアップダウンに私がやられてしまい、心が暗黒に飲み込まれてしまった。

何も手につかずやる気も出ず悩んでいたところに、援軍先輩Rさんが現れ

再び私は英気を取り戻すことができた。

 

その間、塾との連携は全て夫に任せていた。

 

合不合判定テスト当日

「面目なくて先生に会わす顔がない。しばらく顔を合わせたくない。」

と正直に夫に相談した。

 

夫は分かったと言い、当面の間

塾との連絡も迎えも夫が引き受けてくれることになった。


それだけではなく、前回同様、塾の先生との個別面談も取り付けてくれた。

この時期に入ると先生は本当にご多忙で時間が取れない。

 

後から聞いたところ、

夫が「場所はどこでも構いません。どこでもこちらが伺います。」と言ったのだそうだ。

K先生は「〇日の〇時、他校舎で教えた後、移動時間までなら僅かな時間があります」

とおっしゃり、他校舎まで夫が出向いてくれた。

 

そこまでして時間を作ってくださったK先生にも夫にも感謝しかない。

 

前回同様、クラス滞在条件である偏差値を下回ってしまったが、

「クラスダウンをすると娘の精神状態が心配なので、

今のクラスにいさせていただきたいと私達が思っている」こと。

 

加えて今回は

「妻が今回のことで参ってしまっているので、当面連絡は私にください」

とも伝えてくれたそうだ。

 

夫から聞いたK先生のお話はこうだ。

「ご事情わかりました。

前回も申しましたが、学年の先生、全員の意見でクラスのアップダウンが決まるので

今私が話せることはありませんが、ご両親のご意向は伝えます。

 

それより、一つだけお母様に伝えていただきたいことがあるのです。

それは『落ち込んでいる姿を絶対に満月に見せないと約束して欲しい』

ということです。

 

満月はまだ小学生です。満月の性格は引きずりやすい。

落ち込むと簡単に浮上できないタイプです。

 

今回の結果で誰よりも参っているのは満月ですから

どうぞお母様は満月の前ではいつも通りのお姿でいる様心掛けてください」とのことだった。

 

夫からこの話を聞いた私は闇の中にいた頃だったので、随分とハードルが高く感じた。

 

特別なことをすることは難しいが

先生がそうおっしゃるなら、できる限り気を付けよう。

 

小さなことしかできないが、明るいトーンで話したり

お弁当に好物を入れる位ならできそうだと思った。

そして、娘と話す間は落ち込んでいる姿を見せないように努めた。

 

そうして日々やり過ごし

援軍Rさんが現れ、私の心が闇から脱出した頃

クラスダウンを逃れたという連絡が入った。

 

そこで改めて、それまで塾の対応全てを引き受けてくれていた夫に、心から感謝したのだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ