不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、11月。塾の個人面談。

<そして塾の個人面談>

そして、塾の個人面談当日を迎えた。

ここまでに私の心が闇から完全復帰できていたので足取りは重くなかった。

塾とのやり取りを全て夫に任せていたので久しぶりの塾だ。

 

今回は教室で行われたので、ゆったりと座ることはできたが、流石に11月。

算数のK先生もそして国語のI先生も、過去のどの面接よりも固い表情をしていた。

 

通常の流れは先生が用意された過去の成績一覧を渡され、それを元に志望校について話し合う。

 

今回も私はPowerPointで志望校一覧を作ってきたが、最初から出さず

K先生のリードで面談が始まった。

 

私達の予想に反して、K先生から出てきたのは意外な言葉だった。

 

「まずはお嬢さんの第一志望校ですが、

〇〇(娘の憧れ校)を受けさせるので良いと思います。

あれ程までに確固たる思いを持って合格の為に頑張っているので、

受けさせなければ必ず後悔すると思います。」

 

そうか。

娘は私達同様、先生にも同じ熱量で憧れ校を受けたいと言い続けてきたのかと驚く。

 

最初はK先生に話しかけるだけでお腹を壊していた娘だ。

シャイな昔の娘からは、ベテランオーラを放つK先生に自分から質問をできる日が来るなんて考えられなかった。

 

それが今では、授業時間外の先生の姿を見つける度に走りより

「K先生、今質問良いですか?」と言っているというし

いつしか質問だけでなく、志望校に対する思いを伝え、相談するほど深い人間関係を築いていたのかとここで知った。

 

「はい。私達も夫婦で話し合って、先生がおっしゃったことと同じ話になりました。」

と私も答えた。

 

次に2/1の午後や他の日の受験についての話になった。

ここで改めて作ってきた資料をお渡しする。

「志望校についてはまだ考えが固まっていませんが、憧れ校の受験日以外は、

全てこちらの学校を受けたいと思っています」と先生に伝える。

 

これについても家族で散々話してきて決めたいたことだ。

夫が大好きな学校であり、もう何度も足を運んでいる学校だし、受験できる回数も多い。

 

「そうですね。お嬢さんは算数が強いですので、この学校の受験に関しては

最初の受験で取れると見ています。

逆に言うと、最初の受験が満月にとっては一番取りやすいでしょう」

と先生もおっしゃる。

 

この学校の入試は、日によってかなり違う。

別の日は、娘の受験校の中で一番長い国語の文章を読み解かなくてはならない。

 

同じ学校の試験でも1科目入試、2科目入試、4科目入試という変化があるが、

国語の傾向がこんなに変わる学校もあるのだ。

 

私が作った資料にはその他の学校についても希望を書いてあったので

「その他にはこの学校をお考えなのですね。資料をお預かりします」

と先生はおっしゃった。

 

その後、合不合判定テストの話になった。

「ご覧の通り9月以降、なかなか浮上できずにいます」

とK先生は苦々しいお顔をなさった。

 

この時だ。

私の口が勝手にしゃべり始めた。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ