不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。首都圏模試センター統一合不合判定テスト12月。

<そして首都圏模試センター統一合不合判定テスト12月>

そして、12月の首都圏模試センターの日が来た。

 

今回の模試は前日に腹痛を起こしていて心配したが、

当日付き添った夫によると

何だかボケっとしていたが、腹痛は起こさなかったとのことで安心した。

 

娘を送り届けた後、早速夫から連絡が来る。

前日見に行った学校についての話だった。

 

学校説明会の後私用もあったので、夫が帰宅したのは夜だったし、

私は娘と勉強をしていたので、夫婦の間でまだゆっくり話せていなかった。

 

夫から次々に送られてくる文章を読むと

見学してきた学校は、先輩Rさんもおっしゃっていた通り、

とても良い印象を受けたのだそうだ。

 

「伸び伸びとしていた」と夫は何度も口にした。

 

確かに、先日行った栄東で受けた印象は「伸び伸び」というより

「きびきび」という言葉の方がしっくりくる。

 

確かにおっとりのんびりして精神年齢も低い娘だ。

夫の言う通りこちらの学校の方が合っているかもしれない。

 

道中危険な場所も歩かないので心配いらないし、

先生方の話や生徒さんもとても良い印象だったそうだ。

 

私も夫が買ってきた直近の過去問に目を通しておいた。

過去問を見るとある程度その学校が見えてくる。

娘との相性は良さそうだった。

 

問題は通学時間だ。

現在受験しようと考えている学校の中では1,2を争う遠さだった。

 

高校生になれば体力もあるので大丈夫だろうが

中学生のうちは、通学だけで疲れ切ってしまわないだろうか、とか

部活動と両立できるだろうか心配が残った。

 

2月に受験する『娘の憧れ校』、そして『もう一つの2月校』。

現在この2校に照準を当てているが、かといって、1月校をお試し受験にする気はない。

 

1月に受験する学校も、れっきとした娘の志望校であり、通うつもりで受験する。

最後まで慎重に選びたかった。

 

最終的に夫が学校見学へ行って体感した

「娘に合っているとピンときた」という言葉に重きを置いた。

あとは娘の意見を聞いて、K先生に提出する。

 

もう12月になってしまった。

来月には入試が始まる。

 

泣きながら頑張ってきた模試も、もう終わると思うと

解放されるような寂しいような不思議な気持ちだった。

 

12月になると出願もある。

 

朝早く並んで出願する学校は、夫が前泊するホテルを抑えていたし

郵送する書類に関しては0時に本局に並ぼうかという話もしていた。

ネット出願に関しても、テキストに住所や氏名などが全て打ち込んであり、

すぐにできるようにしてある。

 

いよいよ12月が始まった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ