不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。首都圏模試センター統一合不合判定テスト12月自己採点の結果。

<首都圏模試センター統一合不合判定テスト12月自己採点>

自己採点中は、いつも通り一つ丸を付けては盛り上がった。

小5、小6とずっと娘の隣を伴走してきた。

一体何回テストがあったろう。

 

喜んで喜びの舞を踊り続けたこともあったし、一緒に泣いた日もあった。

苦々しい思い出は沢山あるが、ママ合宿中のテストで悪い結果が出たあの日が辛かったなと思い出す。

折角のステーキを味わう余裕もなく、

食べて力を付けると言わんばかりに二人で頬張った日も今となっては懐かしい。

 

そんな模試も残り2回。その内の1回が終わった。

NN難関プログレスでもテストがあるのだが、大人数が受ける模試は気持ちが違う。


娘は算数の自己採点をしたいと言った。

 

順調に丸付けが進むが途中でバツが付いた。

なるほど、娘の言っていた通りだ。

 

筆跡を見るとそれほど動揺していた様には見えない。

冷静に丁寧に解いている跡だった。

 

「あれ?これどうしたの?」と言いながら二人で見直す。

「これ〇〇の問題と勘違いしちゃったんだよね。もったいなかったな」と娘が言う。

 

算数がK先生のクラスになってから、「書いた問題は取る」と指導を受けている。

娘は悔しがって大騒ぎだった。

 

そうか、正答率か。

 

以前は「書こうとしただけ立派だよ。」とか「解こうとしただけ偉いじゃない」

そう何度も娘に言ってきた。

 

それが入試直前になると、解いたからにはその問題は点を取る。

といういわば仕上げの時期に入ってきている。

 

模試であれば問題の難易度も分かりやすいが、過去問はそうはいかない。

 

間違えずにしっかり解いて答えを出し、

それでもまだ時間に余裕があった時

では、次は一体どの問題を解くべきなのか、自分ならどの問題なら取れるのか。

この判断が重要だった。

 

こと憧れ校の算数が手強かった。

 

娘は過去問を解き直してはK先生に質問に行く。

そして、質問をすると同時に「これは私にとって取れなきゃいけない問題なのか」

それとも「捨てるべき問題なのか」聞いてきた。

 

そうこしているうちに、

いつの間にか娘自身が問題を見て、解けるかどうかの判断ができるようになってきていた。

 

算数においては、どの問題を解くかの判断で結果は大きく変わる。

何とかあと2か月間で解くべき問題、捨てるべき問題の見極め力を高めていきたい。

 

自己採点の結果

国語114点/150点中

算数110点/150点中

理科79点/100点中

社会70点/100点中


前回の首都模試の時も感じたことだが、国語が良いと安心だ。

国語のI先生の個別指導を受けてから国語は嫌いじゃない、苦手じゃないと

前向きになっている。ようやく国語の負のループから抜け出せるのではないか。

 

そんな期待を持ちながら、偏差値が出るのを待った。

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ