不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。12月首都圏模試センター統一合不合判定テストの結果偏差値

<12月首都圏模試センター統一合不合判定テスト結果>

国語 114点/150点 1543位/13294人中 偏差値62

算数 110点/150点  263位/13294人中 偏差値69

理科  79点/150点  190位/11135人中 偏差値70

社会  70点/150点 1452位/11135人中 偏差値61

 

2科目 224点/300点  319位/13294人中 偏差値69

3科目 303点/400点  202位/11135人中 偏差値71

4科目 373点/500点  213位/11135人中 偏差値69

 

11月に受けた首都圏模試センター統一合不合判定テストでは

算数の順位が13000人中4位という快挙で、良すぎた為

今回はモチベーションが上がらなかった。

 

しかし、かといって何一つ悪い事はなかった。

 

何と言っても理科の回復が嬉しい。

前回より13点アップしたし偏差値も5ポイント上がった。

 

理科については、前回も娘は大丈夫だ、心配いらない。なぜ悪かったのか理解している。

と言いきっていたので、あまり心配していなかったが

親としてはやはり数値で見ると安心できた。

 

算数もミスったミスったと悔しがって大騒ぎしていたし

実際に点数も下がったが、偏差値70弱なら十分だろう。

 

気になるところはやはり社会だ。

本人も「できるはずのものが取れないなんて悔しい。」と悔しがっていたし、

点数だけでなく偏差値としても現れ、今問題になっている国語を下回ってしまった。

 

ここから2月の受験まで、しっかり潰していく科目は、

もしかしたら社会になるのかもしれない。

 

首都圏模試センター統一合不合判定テストは志望校別の立ち位置も出る。

 

まず娘の憧れ校の受験者は96人。11月より14人減った。

もしかしたら娘の憧れ校を受ける層はこの模試は受けないのかもしれない。

娘の順位は11番。前回の2番に比べたら下がったが嬉しそうだった。

 

次に、複数受験が決定している昔から大好きな学校の受験者は175人。

娘の順位は7番だった。

憧れ校の2倍近くの人が志望校と書いていることになる。

 

もう一つ憧れ校の受験者は144人。

娘の順位は5位だった。

 

東京校の4番目の学校は受験者が372人。

娘が書いた志望校の中で圧倒的にこの模試ではこの学校を志望している人が多い。

私もつい先日説明会に行って間違いなしと思ったばかりなので、

人数の多さに臆することなく頑張って欲しいと願う。

娘の順位は7番だった。

 

娘には「志望校全部が80%だったよ」とだけ伝えた。娘は嬉しそうに微笑んだ。

 

四谷大塚の合不合判定テストの合格判定と随分違う。

良い結果を無邪気に喜んでもいられないのだろうか。そう思っていると

 

「ママ!社会だよ!社会の勉強をしよう!!」と娘は言った。

 

そうか。娘が気にしているのはそっちか。

勢いある娘の勉強意欲に、思わず笑みがこぼれ出た。

 

よし!この勢いで進もう!

 

そう思った日だった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ