不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。小学校の個人面談に夫婦で注力する。

<小学校の個人面談1>

12月に入ってすぐに小学校の個人面談があった。

今回の個人面談はいつも違う。なぜならば前回の通知表の件があるからだ。

 

12月、夫の仕事は忙しい。

しかし「何としてもここだけは」とお願いして昼間の時間を空けてもらった。

 

ピアス先生に、私は春の個人面談で

「中学受験をします。通知表を提出する学校もあるのでするので、

諸々ご配慮賜りたくよろしくお願いします」と伝えた。

 

にもかかわらず、1学期の通知表には「(満月さんには)課題があります」

と書いてあった。

 

慌ててその「課題」とは何か聞くと「ノートを取るのが遅い」ということだ。

 

娘に聞くと、先生の説明を聞いて理解した後、

自分なりのまとめと一緒にノートを取っているだけで、

遅れも取っていないのに、と不服そうだった。

 

通知表が返却されてしまった時点で後の祭りだが

どうして「ノートを取るのが遅れがちです」と具体的に書いていただけなかったのだろう。

なぜ「課題」という言葉を使ったのだろうと悔しく思った。

捉え方によってはかなりマイナスの印象を持たれてしまう言葉だ。

 

受験で面接がある学校は「この課題は何ですか?」と聞いてくださるかもしれないが

面談があってもその件に触れて下さらなければ説明もできない。

面談がない学校に関しては、詳しくお話するチャンスもない。

 

たった一点で合否を分ける。

その為に今必死で頑張っている。

 

参考程度、とか出欠席を見るものとか、

通知表についてはネットでは色々な情報が書いてあるが

本当のところは受験する学校の先生しかご存知ない。

そう思うと通知表も侮れないし、出願同様大切だった。

 

ピアス先生のことは、4月から半年じっくりお人柄を見てきた。

悪い先生ではないが、どうも私とは考え方がずれていて、理解に苦しむことが多かった。

 

私の言葉も先生に届きにくい様に思った。

面談では、なるべく分かりやすく具体的に、

望んでいることや伝えたい事を言葉にする必要がありそうだ。

 

そして夫の登場も重要だと考えた。

ひとこと日記でも、夫のことが書かれた日記には、先生のコメントが多かったし

春の個人面談でも、

「ご主人が通っているスポーツジムはどこですか?満月さんの日記を見まして。

自分は奥さんに止められているんですが、

そろそろスポーツジムに通いたいと思っているんです」などともおっしゃっていた。

 

ここは運動部オーラを出しつつ、ビシっとスーツを着た夫に出てもらって

緊張感を出してもらうのが良い気がした。

 

今回の個人面談は本気だった。

話す内容に関しても、夫婦で事前に何度も打ち合わせを重ねた。

 

(明日に続く)

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ