不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。小学校の個人面談。夫の話。

<小学校の個人面談2>

一方で私も準備を進めておいた。

例えば受験する可能性のある学校一覧の作成だ。

 

塾に提出する志望校一覧とは異なり「可能性がある学校」を全て洗い出して

左列に日付と曜日、右列に学校名。時系列にまとめてある。

 

まだ志望校は決定していないこともありかなりの量になった。

 

この表の目的は

「これだけの日数、学校に登校できない可能性があります」と

予め小学校の先生に知っていただきたかったからだった。

 

小学校では、クラスの当番、委員会様々な仕事がある。

直前になって欠席だと分かると穴をあける形になってしまい

お友達に迷惑がかかるかもしれないので事前に伝えておくべきだ。

これは私の神様である先輩Rさんからの助言でもあった。

 

受験でできなかった当番については、受験後改めて引き受けさせてください

ということもお伝えするつもりでいた。

 

そして当日を迎えた。

夫婦揃って現れたので先生は若干面食らってらした。

 

ご挨拶をして席に座り、まずは黙って先生のお話を聞いた。

 

その後私が話し出す。一学期の通知表にあった「課題」ついてだ。

 

「先生、1学期の通知表にあった『課題』についてですが」と切り出すと

「はい。お嬢さんには課題があります。」とピアス先生がおっしゃる。

「ノートを書き写すタイミングの話ですね。」と私が言うと

先生がそうですとおっしゃった。

 

私は言葉を選びながら娘がなぜそうしたのかを伝えた。

 

そして、その行動により、クラスにご迷惑をおかけしたのであれば申し訳ございませんと謝った後

できれば、今後は通知表に書く前に、娘と話していただきたいこと。

それでも解決しなければ、家庭にもご一方いただきいことを

失礼がない様にお伝えした。

 

ここでもう一度「娘は私立中学受験をします」とピアス先生に話す。

 

志望校のいくつかは通知表のコピーを提出する必要があること。

 

今回の『課題』という言葉の様に、具体的な内容ではなく含みのある言葉があると

読む人によっては、必要以上に悪い印象が残ってしまう可能性があることを伝える。

 

ここで夫が口を開いた。

 

「私どもも、常日頃から学校が一番大切だと言って育ててきています。

学校で何らか問題を起こしたり、ご迷惑をかけたりする様であれば

すぐに妻か私に連絡をください。すぐに対応します。

 

一方で、毎日毎日、受験勉強の為に必死に勉強する娘の姿を私どもは見ているのですよね。

私は中学受験に馴染みのない地域の出身なので

最初は中学受験に反対だったのですが、毎日娘の姿を見ていまして

あんなに頑張るのであれば、悔いのない様に受験させてあげたい、

親として、できる限りのことをしてあげたいと今は思っているのです。」

 

と夫が話をした。

 

ピアス先生は夫の言葉ひとつひとつをしっかり集中して聞いていらした。

私も集中して夫の話を聞いていた。

 

打ち合わせにはない展開だった。

 

娘のすぐ隣で伴走しているのは私で、夫は少し離れたところにいる

そう私は思っていた。

 

けれど、夫は夫なりに心配し、気をもみながら、

走っている私と娘の様子を見守っていたのか。

 

そう知って涙が出そうだった。

 

(3に続く)

 

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ