不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。四谷大塚の合不合判定テスト。いよいよ最後の模試の日がやってきた。

<そして迎える12月合不合判定テスト1>

とうとう全ての模試の中で最後の模試になった。

 

当日娘は腹痛を起こさなかった。

 

ここ最近、テストの度に腹痛に悩まされていた。

それだけプレッシャーを感じ、緊張しているのはよく伝わっていた。

 

しかし不思議なことにこの日は大丈夫だったようだ。

神様が味方してくれた様な気がして

二人で喜びながら朝食を済ませた。

 

腹痛を起こすと大いに差が出るのだ。

やはり今回まで2度にわたり、国語のI先生の個人的な補習を受けられて

自信が持てたことが大きいのかもしれない。

 

テクニックも沢山教えていただいたが、

一番大きかったのは「私、国語は嫌いじゃなかったよ。誤解してたみたい」と娘が口にしたことだった。

 

I先生の個別補習では、最初に取りかかる問題、どの問題が娘にとって取りやすいか。

そういう話もアドバイスしていただいたそうだ。


教えていただいたのは、過去問だが、

この考えは応用が利くので、模試であっても使える。

 

先生の補習を2度受けた今は

問題用紙に書き込むスピード、読み込むスピードが確実に早くなった。

私の言葉が響きにくい時期だったので、そういう面でも大変有難かった。


社会は先日の首都圏模試統一合不合判定テストで、娘に社会を勉強したい

と言われてから、以前に比べると時間を割いているが、

それでも用意していたプリントが積み重なったまま無理やり寝かせる日が続いた。

 

もし今回も社会が振るわなかったかとしても、それは今後に向けてひとまず置いておこう。

 

1月に社会を徹底して潰そう。そう決めた。

 

もしかすると、つい先日の首都圏模試センター統一合不合判定テストと

似たような結果になってしまうかもしれないが、娘も覚悟していた様だった。

 

当日夫からLINEが届く。

「ご機嫌な様子。ミスド食べて帰る」とのこと。

 

私も何となく今回の娘の様子は、送り出した時に安心できると思ったので

それなりにやり切って最後の模試を終えたんだなと思った。


ドーナツを食べた娘は意気揚々と帰ってきた。

 

玄関を開く力の強さが違う。

そして開口一番にこう言った。

 

「ママ!あのね!私やっと合不合判定テストが分かってきたよ」と言う。

「そうなの!すごいじゃない。慣れてきたのかな?」というと

「そうそう!冷静に問題が見えたんだ」と娘が答えた。

 

まずは手を洗ってうがいをしたら?と言って一度娘と離れたが

あっという間に戻ってきて自己採点しようと言い出した。


過去のテストは時間配分がうまくできず、躓いていたことがあったそうだが、今回は得意な場所から解いてうまくいったのだそうだ。

 

最近過去問で難しい問題ばかり解いていたせいで解きやすく感じたのかもしれない。

 

自己採点の結果が楽しみだった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ