不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。12月の出願。ネット出願でミスをして慌てて受験校へ電話を掛ける。

<12月の出願状況>

12月に入ると出願手続き続きラッシュだった。

ようやく決めた1月校は決定と同時に出願した。

 

受験票の番号もずっと後の方になってしまうが仕方ない。

そう思って慎重に手続きを進めた。

 

しかし、何度も手順を確認して慎重に出願手続きをしたというのに、

ネット出願の1校で

「4科目受験」なのに「2科目受験」で手続きをしてしまったことに、後になって気が付いた。

 

一体私は何やってるんだろうと慌てる。

 

先輩ママから

「受験間際になると、『まさか自分が』と思うようなミスが発生するから、全てに余裕持ってね。」

 

とアドバイスを受けていたが、早速ミスが発生し、この事かと驚く。

 

4科目受験を追加で申し込むべきだろうか。

 

悩んだが、受験校に電話をして率直に指示を仰ぐことにした。

 

「出願時、4科目で受験をしたいのに、誤って2科目受験で出願してしまいました。

申し訳ございません。改めて4科目受験で出願し直せばよろしいでしょうか」と伺う。

 

保留音の中

忙しい中お手数をお掛けして申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

お手数をおかけしたせいで、ご縁が遠のいてしまったら私の責任だと手に汗握る。

 

とはいえ、間違えて出願したからといって、2科目受験にする訳にはいかない。

危うさの残る国語に賭けられなかった。

4科目受験なら、得意な算数だけではなく理科でも点が取れる。社会も最近調子が良い。

3教科でカバーしたかった。

 

保留音の後、

金額は発生せずに手続きをし直していただけるとのお返事をいただいた。

新しい受験票も発行していただけるそうだ。

 

心から有難く思った。

 

受験当日、どの学校へ進学したいか気持ちに変化が起こる、

とよく聞くが

それは子どもに限ったことではなく、親の気持ちも変化するかもしれない。

 

緊張で震える電話をしたこの日、優しく機敏で丁寧な対応を受けて

この学校を選んで良かったと心から思った。

 

後半に入ると2月校の出願もあった。

つい先日も入試解説会に行ってきたし、準備は万端の学校だ。

今度こそミスなく出願したい。

 

朝9時出願。開始30分前からPCの前に座る。開始と同時に手続きをした。

 

受験番号順に面接がある学校をのぞくと、

受験番号が早いからといって、合格に変化をもたらすわけではない。

 

けれど、この時の私は気持ちが焦っていることもあり

早めに手続きをして気持ちを形にしたかった。

 

この学校は複数回受ける。

夫と相談し複数受験の学校は全て予め申し込むことにしていた。

複数回分の受験手続をし、何度も確認をしてボタンをクリックした。

5万円を超す受験料もネット決済ならあっという間だ。

 

9:00に開始して、9:04に出願が完了した。

途中欠席日数を書く欄が現れたので、「0」と元気よく打刻した。

 

手続き完了後、申し込み履歴を確認すると申込番号の下3桁が001だった。

まだ受験票は出せないが、もしかして一番に手続きができたのかもしれない。

そう思うと気分があがった。

 

夫に報告すると夫も嬉しそうだった。

「やっぱりご縁があるんだ」と二人で話す。

こうして12月の出願が全て終わった。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ