不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、12月。クリスマスと初詣代わりの神社参拝

<クリスマスから年末年始。初詣の代わりに年末に神社へ行く>

終業式が終わりNN難プロや早稲アカの面談後が終わった。

さてクリスマスはどうしようかと迷ったが

親戚で集まる食事会に食事の時間だけ顔を出すことにした。

 

食卓の準備などはお任せして、二人でギリギリまで勉強し食事の時間だけ顔を出す。

美味しいご馳走をたらふく食べて、たわいもない話をして

プレゼントをいただき、ご機嫌な娘と共にまた勉強に戻った。

 

ゲームをしたりテレビを見たりしたかったかなと娘の顔を見るが

楽しくおしゃべりをして食事を楽しむだけでも良い気分転換になったようだ。

 

そういえば夏休みもジョギセン(定規戦争)が息抜きになって最高に楽しい

と言っていたことを思い出す。

 

ちょっとしたことでも気分転換になるのかもしれない。

 

クリスマスが終わるとすぐに冬期講習が始まる。その後正月特訓も始まる。

 

正月特訓があるので年末年始は普段通り過ごす予定だった。

元旦もいつも通りに起きて、私はお弁当を作り、

娘は塾の支度をして夫が正月特訓の校舎へ送っていく。

 

初詣についても悩んだ。

三元日は正月特訓があるので初詣はできないし、その後も1月校の入試がすぐにある。

 

いっそ思い切って、1月中旬以降、人が減った頃に初詣をし

年内にお参りに行ってご挨拶しようと娘と決めた。

 

さっそく二人で神社に向かった。

 

模試の度に月1回は通っていた神社。

 

娘は気持ちが沈ん込んだ時や、嫌な気分になった時にも一人で参拝していた。

ここに来ると気持ちがすっと落ち着くのだそうだ。

 

まずは今まで頑張れたことへの御礼。12月の合不合判定テストへの御礼をお伝えする。

そして、志望校が変更になってようやく決まったことのご報告。

1月校を受けてくるのでお力添えくださいということを私は祈った。

 

顔を上げて横を見ると、娘はまだまだ拝んでいた。

こんな娘を守ってくださいともう一度手を合わせる。

 

その後二人でおみくじを引いた。

 

いつも通り、おみくじを引いた後

二人で別々の方向に歩いて距離を取り、それぞれそっと結果を見る。

 

私は大吉だった。

よしっと心で思うが、娘は何が出たんだろう。

 

すると

「よっしゃー!!!大吉だーー!!!!」と言う娘の声が聞こてきた。

 

それに合わせて

「ママも大吉だーー!!!」と私も言う。

 

娘が走って私のところに走ってきた。

「え?すごくない??二人ともなんて初めてだよね!神様ありがとうございます!!」

と娘は嬉しそうに、ぴょんぴょんと飛び跳ねた。

 

二人揃って大吉が出たのは、受験勉強が始まってこれだけ多く参拝して初めてのことだった。

 

神様が見守ってくださっているのをヒシヒシと感じだ。

 

もう一度二人でゆっくり頭を下げ、有頂天になりながら二人で自宅へ戻った。

 

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ