不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

小6、7月。夏前最後のテスト。第18回YT週テストの結果偏差値。

<第18回YT週テスト総合回Bコースの結果>

結局、理科に大きく時間を割いた上、

算数は書き方の練習をしながら解いていたので予定していた量はこなせなかった。

 

ただ、まだ幸いにして夏前だったので、

この時点では後々で時間を割けないものなので、早くから直せて良かったと思う。

 

私達は理系科目ばかりに力を入れてしまっていたのだが、

これについては文系科目でも言える。

漢字の書き取りや、社会を正しい漢字で書けるようにすることも非常に大切だった。

 

私達も社会の科目で出てくる漢字は、冬に徹底するのだが

国語の漢字の量は膨大で、全範囲をやり直すことはできず

結局、受験当日まで漢字は7・8割のままだったことは大きな反省点だ。

 

漢字だけで20点を占める様な学校の問題では、受験当日まで思うように点数が取れなかった。

 

そういう意味では、

今回は算数だけでも、結果として早く解けるやり方に直せたことは、良い機会だったと思う。

 

 

<YT週テスト第18回総合回偏差値Bコース>

算数  75点/100点中 順位444/1932人中 偏差値57.06

国語  55点/100点中 順位638/1932人中  偏差値54.23

理科   60点/70点中  順位11/1905人中  偏差値72.45

社会   52点/70点中  順位328/1863人中 偏差値58.49

4科目 242点/340点中 順位103/1863人中  偏差値65.8

 

結果が出てくると、ともかく理科に驚いた。

とうとう偏差値72を超えた。自己ベスト更新だし、これ以上は取れないだろう。

 

Bコースの週テストは、合不合判定テストや組分けテストより簡単ではあるものの

それにしても偏差値72.45はかなり高い。

2000人近い受験者の中で10番近い結論を出せたことも本当に驚くべきことだった。

 

前回の合不合判定テストの結果が悔しくて悔しくて

理科にこだわった娘の『意識の粘り勝ち』なのかもしれない。

結果を見た娘はそれはそれは喜んだ。

 

算数にしても図形科目を中心とした今回の範囲で偏差値57ならば、

得意なお子さんが多い中でかなり奮闘したと言える。

 

4科目偏差値としても66と好成績を出した。

 

娘は理科を見て飛び跳ね、4科目偏差値を見てまた、大喜びで飛び跳ね、

H先生の元に走って行った。

 

「合不合判定テストで理科の結果を持っていけなかった分、

今回は先生に沢山褒めてもらうんだ」と言いながら、

飛ぶように軽やかな足取りで娘はH先生の所へ向かったのだった。

  

 ↓ランキングに参加しています。いつも応援して下さりありがとうございます。
 にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ