不屈の闘志 -娘と私の2年間 偏差値35からの中学受験-

鬼が出るか蛇が出るか。唐突に中学受験をすることになった母と娘。偏差値35から偏差値62。紆余曲折2年間の回顧録

武者修行というほどのものではないが、別の場所に行くという選択肢。

<ダブル塾>

 
取りこぼし単元について、どうしていくか。
 
今は習った単元と宿題を、私が通勤時間に勉強し、わからない問題も対応できている。
 
また、娘自身も授業に慣れ、授業の内容を理解してきている。
ポイントシールと褒め上手な先生のお陰で、地獄のような偏差値も気にせず、通塾は楽しそうだ。
ようやく、テキストとノートを手にし、その週習ってきた単元について、私もまともなフォローができるようになってきた。
 
まずは、どれくらいの取りこぼしがあるのか、把握しなくてはいけない。
 
予習シリーズ上巻は、まだ届いていないが、インターネットで目次は確認できた。
 
かけ算、割り算、角の大きさと性質、計算のきまりと順序、和差算、植木算
小数、分数、正方形と長方形、大きな数とおよその数、三角形、周期算
立方体と直方体、等差数列、つるかめ算、四角形の面積、三角形の面積
 
昨日確認した下巻の取りこぼし単元に加え、前半だけで、これだけの項目を把握しなければいけないというのか。
 
都立と私立では勉強の仕方は違うが、5年生までは同じ単元勉強するというのが、早稲アカの方針だった。
小6から都立専門か、私立専門かでコースが分かれるらしい。
 
私は、何より、現在の生活の中で、『娘の時間>私の時間』という形が気に入らなかった。
 
娘には、まだまだ勉強する余力があるのだが、私が対応できる時間が圧倒的に少ない。
テレビを見ている時間なんて、受験生にはないはずだ。
そうでなくても1年遅れ。こんなことをやっている時間はないんじゃないだろうかと思う。
 
いよいよ、第三者の力を借りようと考え始めた。
やるなら、すぐに始めなければならない。
 
夜、夫に相談する。
「え?もう一つ塾に通わせる?そんな余裕ある訳ないよ。」顔色一つ変えず、あっさり言われる。
想像通りだ。
 
しかし、習い事を整理したのだ。
全体としては、以前より費用がかかっていないことも、きちんと説明しておこう。
現在の私と娘との生活、取りこぼし単元に対して今後どうしたいかなど、改めて夫に伝え、よく話し合った。
最終的に、数か月限定ならば、という期間限定で、早稲アカとその他(この時点では個別を考えている)、2つの塾に通わせてみようという話になった。

受験勉強を始める前に通っていた個別塾へは、「受験するので転塾させてください」と言ってやめてしまった手前、たった数週間で、
「やっぱりお願いします」とは、言いにくかった。
駅前の別の個別塾へ相談に行った。
 
・急に受験をすることが決まったこと
・予習シリーズでは、小4に、これだけ多くの取りこぼし単元があるので、未習単元を教えて欲しいこと
・受験生になったばかりなので、基礎ができていない部分もあるが、それを踏まえた授業をして欲しいこと
 
対応してくれた先生は、何も問題はないし、通塾の意図も理解しました。
まず1レッスンしてみましょう、とのことだった。
 
早速、その週の土曜日に予約を取った。
対応がとても親切だったからか、その日は、道が開けた気がした。
 

 

にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(自宅学習組)へ  ブログランキング・にほんブログ村へ